読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。

帰りみちのオーロラ (代理人更新)

代理人更新 オーロラ

今日は幻想的な画像をお届けします。

代理人、すごい昔に皆既日食を観に行ったことがあります。皆既日食の直前に急に風が吹いて涼しくなって、暗くなり、音もなくダイヤモンドリングが現れ、おお!と思っても言葉が出ない間に少しずつ明るくなり、風がやみ元に通るという、非常に不思議な現象でした。人生で忘れられない数分間となりました。

オーロラを体感するってどんな感じなのだろう?

 

・・・・・・・・・・・・

 

2月23日あたりから何度か、オーロラが見られる夜がありましたが、野外活動の予定がある前夜は無理せず休んでいましたし、甲板に氷がついていて危ないとのことで、外で写真を撮れない夜もありました。
3月1日の午前2時半ごろ、ようやく撮れた一枚です。

f:id:nankyoku_30nin:20170304052305j:plain

海の上で眺めるオーロラも素敵ですが、ゆっくりと船が揺れているので、写真に撮ると星が流れて線になって写ってしまいます。それでも、夏隊員、「しらせ」乗組員のみなさんにとっては、貴重なチャンスです。たくさんの人が艦橋に上がって見ていました。