読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。

アメリー棚氷 (代理人更新)

しらせが動き出して半月以上がたちました。

しらせは今どこにいるのか?気になるところですね。

現代は便利な時代です。

国立極地研究所のホームページ、南極観測というところをポチっとし、進めしらせ!を開くと現在地がわかります。

意外や意外、まだしらせは南極大陸近くにいます。

出発してからずーっと東に進んでいいます。ということはだんだん時差が縮まってきます。

南極・昭和基地と日本との時差は6時間(南極が6時間遅い)ですが、現在は2時間だそうです。

 

・・・・・・・・・・・・

 

「しらせ」は南大洋を東に走っています(昔は南氷洋といいましたが、いまは南大洋というのが普通らしいです)。

国立極地研究所 南極観測のホームページ│進め!しらせ

 

3月2日の午前、アメリー棚氷の近くを通過しました。棚氷、というのは地面の上にはないけれど、大陸にくっついている氷です。このアメリー棚氷は、四国と同じくらいの大きさがあります。

f:id:nankyoku_30nin:20170304054424j:plain

 

写真ではわかりづらいのですが、氷の崖の高さは30メートルくらいあります。
さらに見た目ではわかりませんが、海面の下、200メートル以上深いところまで氷があるそうです。