読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。

『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』 【代理人投稿】

代理人更新 映画評・書評

みなさんの2017年の春は何が待っているのでしょうか?

代理人にとっては第57次越冬隊の帰国で、ご本人から南極の話を聞くことを楽しみにしているのですが、一足先にドラえもん達が南極へ行ってきて、『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』が公開されましたね。

 

さっそく代理人は3月5日(日)に観てきちゃいましたよ。

doraeiga.com

 

はりきって公開翌日のイベント付きの会に行ってみました。
劇場入口にドラえもんがいてタッチができる(撮影はNG)という内容のイベントでした。だから劇場に入るために長蛇の列で、はぁ、ぐったり・・・。

 

でも、気を取り直して、南極観測隊と比較しながら映画をみました。

 

ドラえもん達の大冒険のきっかけは南極でかき氷を食べたことでしたが、
ご本人も南極でかき氷を食べていましたね。

nankyoku-30nin.hatenablog.com

この記事によると例年隊員はかき氷を食べているそうですね。

 

360度のオーロラがマンガの域を超えていてきれいでした。

nankyoku-30nin.hatenablog.com

映画には赤のオーロラも出ていて妙にリアルと思いました。

 

一瞬昭和基地が紹介されていましたし、氷山の説明がとてもわかりやすく上手だと思い、エンドロールを凝視したら・・・
第56次越冬隊の2人のお名前がありました。


きっと観測隊はドラえもんのポケットから出てくる道具がほしいのでしょうね。
ご本人もどこでもドアに言及していましたね。

nankyoku-30nin.hatenablog.com

 

でも、実際の南極にいるのはドラえもんではなくペコちゃんですね。

nankyoku-30nin.hatenablog.com

   

とまぁ、内容とは離れた比較になってしまいましたが、時空を超えた大冒険で大人も楽しめましたよ。