読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。

越冬を数字で振り返る・その1 ブリザード (代理人更新)

代理人更新

本日から3日間、越冬を数字で振り返ります。

まずブリザードがやってくるあたりが、南極ですね。

リザードの後にすることは除雪作業。除雪作業をする人は越冬隊員(だって昭和基地には越冬隊30人しかいなかったから)なので、心も体も大変だったと思います。

 

・・・・・・・・・・・・

 

わたしたち57次隊はブリザードが多かったなあ、と言われていますが、実際にどれくらいだったのか。外出注意令、外出禁止令が出ていた時間帯を合計してみたら、2016年2月から2017年1月の一年間のうちだいたい11%に外出制限がかかっていました。

f:id:nankyoku_30nin:20170214054511j:plain

外出禁止令が244時間、外出注意令が938時間。以前の隊のデータは手元にないので、どれぐらい多かったかの比較はできないのですが、366日のうち、のべ39日間あまりが外出制限の中でした。

 

月ごとの時間帯を見ると、内陸旅行に出かけていた10月が一番でした。不運でしたね…。

f:id:nankyoku_30nin:20170214054550j:plain

 

58次隊は越冬開始直後に外出注意令が出てしまいましたが、このあとは好天に恵まれますように。