世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

南極観測隊員のゾモ、ネパール・ランタン谷へ

 今年2月に、ネパール地震の被災地復興支援「ゾモTシャツ」を紹介しました。

nankyoku-30nin.hatenablog.com

2015年4月のネパール大地震で被害を受けたランタン谷にヤクと牛の混交種のメス「ゾモ」を寄付して牧畜の再開を支援しようという試みです。

 

越冬中の57次南極観測隊員によるTシャツの売上で購入され、ランタン村に落ち着いたゾモの写真をいただきました。
名前は「メトー」、花という意味。顔、背中、下肢が白いゾモはきれいなので「花」と呼ぶそうです。女の子だから、お花ちゃん、か。

f:id:nankyoku_30nin:20170531140359j:plain

 ゾモは、ヤクの3倍から5倍の乳を出すんだそうです。たっぷりお乳を出して、しっかり稼いでくださいな。

 

ゾモTシャツを着てランタン谷にゾモを贈る企みに関心のある方は、こちらをご覧ください。

dzomo.org

販売価格2,000円のうち1,000円が支援に充てられるそうです。