世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

映画「ホワイトアウト」2009年

6月26日にテレビ東京午後のロードショーで放送された「ホワイトアウト」を録画して見てしまいました。織田裕二主演の邦画じゃなくて、アメリカ映画です。

不意に「エログロナンセンス」という言葉を思い出しました。

www.tv-tokyo.co.jp

エログロナンセンス】扇情的で猟奇的、かつばかばかしいこと。また、そのようなもの。

コトバンク> デジタル大辞泉 より)

 

アムンゼンスコット基地(アメリカ)、ボストーク基地(ロシア)が舞台になっていますが、越冬経験者から見ると噴飯モノ。

・行方不明者が出ても楽しそうにパーティーやってる。

・10万年前の氷に酒を注ぐとソーダのように泡があふれかえる。

 (10万年前ってのは掘り出したアイスコアなの?それで酒呑んじゃうの?)

パイロットと客1人で基地間飛行しちゃう。

・雪上車から下りて調査している間にエンジン切っていて、帰ってきたらかからないよう!(極地でアイドリングストップしちゃいけません)

…その他いろいろ、つっこみどころしか無い。

さらに、まったく本筋にからまないシャワーシーンとか、死体をしっかり写して、とか米国B級映画らしさが満載。まさ「扇情的で猟奇的、かつばかばかしい」ことこの上ない作品でありました。

 

唯一、ライフロープの使い方は正しかったかな。

nankyoku-30nin.hatenablog.com

 

うーん。これが帰国100日記念の記事になっちゃったか。