世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

59次隊の隊員室開き

 7月7日の金曜日、極地研究所で開かれた、59次隊の隊員室開きに行ってきました。

その年に出発する隊員が仕事する「隊員室」は7月初めにオープンします。例年、そのあとの金曜日の夜に、隊員室開きが行われます。

f:id:nankyoku_30nin:20170709055441j:plain

 極地研究所の倉庫が会場です。このあと秋にかけて、この巨大なスペースが南極行きの荷物でいっぱいになります。

 

2年前には、ざあざあ降りの雨の中でホスト役で走り回っていましたが、

nankyoku-30nin.hatenablog.com

今回はお天気が良くて、よかったですね。バーベキューなど屋外でいただきました。

f:id:nankyoku_30nin:20170709055233j:plain

3月に一緒に帰ってきた57次越冬隊、58次夏隊の人もたくさん来ていて、缶ビール片手に話が弾みました。

 

この日は七夕。ねがいごとはやっぱり・・・ですね。

f:id:nankyoku_30nin:20170709055645j:plain

(”ピステン”というのは雪上車のブランドです。こわれたらたいへん。)

 

昭和基地は太陽が昇らない極夜のさなかです。昨年のわたしの短冊は「もうちょっと天気が良くなりますように」でしたら、叶えられなかったなあ。

nankyoku-30nin.hatenablog.com