世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

テレビ収録・ラジオ出演

岡山に帰省しています。14日の午後は岡山山陽放送RSK)へ出向いて、まずテレビの収録をしました。1時間ちょっとのあいだ、インタビューを受けて南極について語りました。小道具としてヘルメット、サングラスなどを持参。それと南極の氷を用意しました。

f:id:nankyoku_30nin:20170815081242j:plain


この氷は、南極大陸に積もった雪が圧縮されて氷になり、数千年から数万年かけて海へと流れ出して氷山になったものです。氷の中には大昔の南極大陸の空気が閉じ込められていて、水に入れるとプチプチと音を出して溶けます。放送用の音は集音マイクで収録していました。

放送は16日(水)以降(まだ確定していない)のRSKイブニングニュースのお天気コーナーだそうです。番組は午後6時15分から。

www.rsk.co.jp

 


そのあと、本社からサテライトスタジオへ移動。

f:id:nankyoku_30nin:20170815081616j:plain

午後3時前の15分間ほど、生放送ゲストとしてマイクの前に座りました。ここでも南極の氷の音を聞いてもらいましたが、ラジオでうまく聞こえたかな?

f:id:nankyoku_30nin:20170815081647j:plain


(この写真は自分のコーナーが終わったあとに撮ってもらった”記念写真”です。)