世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

オーロラ:アイスランドへ行ってきました

アイスランド出張から無事に帰ってきました。

19日出発、25日帰国の一週間の旅でしたが、フッサフェル観測点に滞在した20, 21, 22日の3晩とも、オーロラを見ることができました。

右上にすこし雲があって、オーロラにもかかっています。人家の明かりがあってもはっきりわかる、活発なオーロラでした。

f:id:nankyoku_30nin:20170926213005j:plain

 

アイスランド昭和基地は、磁気的に対称な位置にあって、良く似た形や動きのオーロラが観測されることがあります。しかし、夏と冬はどちらかが白夜となるので、両方でオーロラを見ることはできません。同時にオーロラが見えるのは、秋分春分の日の前後だけです。

22日の夜は昭和基地でも晴れて、きれいなオーロラが見られたようです。アイスランド昭和基地の両方で晴れて、さらに活発なオーロラを観測できるのは、かなり運がいいときです。

 

ひさしぶりにオーロラを見て懐かしく思いましたが、これは新鮮な眺め。

画面中央に北斗七星。そのまえにオーロラが出ています。

f:id:nankyoku_30nin:20170926212927j:plain

南極からは、北斗七星は見えませんからね。