世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

おしごと:アイスランドへ行ってきました

今回の出張では、アイスランドの首都レイキャビックから100キロメートルくらい離れた、フッサフェルというところにある観測点に3泊しました。新しい装置をセットしたり、曲がったり倒れたりしたアンテナを直したり、なかなか忙しかったです。

牧草地の中にあるアンテナの具合を見ているところです。

f:id:nankyoku_30nin:20170927221242j:plain

 

まわりには馬や羊がたくさんいました。

f:id:nankyoku_30nin:20170927221315j:plain

牧草地には彼らの糞がふんだんに落ちているので、足元に注意して歩かないといけません。

 

この写真の、まんなか右側にある白い山は、氷河に覆われているのだそうです。

f:id:nankyoku_30nin:20170927221537j:plain

20年以上前、稚内地方気象台に勤めていたときに見ていた、秋の北海道の景色によく似ています。北海道でもあっという間に秋から冬へと季節が移り変わっていきました。