世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

TVアニメ「宇宙よりも遠い場所」第一話

 1月2日に、TOKYO MXで第1話の放送がありました。
テレビアニメにはまったく疎いので、出来が良いのか悪いのか判断できませんが、とりあえず次回も見てみよう、と思わせるものではありました。

 

nankyoku-30nin.hatenablog.com

 第一話で示されたプロットは、

 高校生が
 観測隊員だった、南極で行方不明になった母親を探しに
 お金をためて
 南極に行く。
… うーん。

 

 南極で行方不明になった隊員は一人、います。1960年10月に行方不明になって、1968年2月に遺体が発見されています。まあ、ありえないことではない。

 お金をためて南極に行くことはできます。ツアーも出ています。船で南極半島へ行くのが120万円くらいから、大陸へ飛行機で行くのは500万円以上。まあ、絶対に無理、ではない。

 ただ、今のところ、いくらお金を積んでも「しらせ」に乗せてもらって昭和基地へ行くことはできません。ここだけはひっくり返さないといかんような気がする。どうやって着地させるのかなあ? で、とりあえず次回も見てみよう、と。

  

 エンドロールの「協力」のところに、国立極地研究所海上自衛隊のほかに、知っている元隊員が2人、クレジットされていたのを見つけて、にやりとしました。

  そのうちのお一人が、ここの大将です。

nankyoku-30nin.hatenablog.com