世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

TVアニメ「宇宙よりも遠い場所」第五話:準備から出発まで

一気に話が進んできましたね。経験者によるツッコミのお時間です。

 

  • 民間観測隊は夏隊であることがはっきりしましたが、船は独自に仕立てているのかな。ペンギン饅頭号はネーミングライツなのか? このあたりは来週にでもあきらかになるでしょう。
  •  箱にプリントされた模様が、観測隊公用ダンボールによく似ています。

 

f:id:nankyoku_30nin:20180201224218j:plain

  • これ持って行ったほうがいいよ、というリストはもらえます。ゼロから考える、なんてことはない。でもパンツが何枚いるのか、なんて私も悩みましたね。

 nankyoku-30nin.hatenablog.com

 

  • 体重と合わせて100キログラム、というのは、最初に「しらせ」から昭和基地に飛ぶヘリコプターに乗るときの制限です。ヘリに乗る前に体重計に乗って、厳格に測定されます。体格のいい男性だと、手ぶらでも100キロを超えちやう人もいますが、小柄な人とペアになって乗せてもらいます。
  • この「100キログラム」には、身の回りの、2・3日しのげる程度のもので、あとで、別途ダンボール箱1個を運んでもらえます。 

オンナノコのメンドクサイおはなしは、無粋なおじさんはスルーするとして。 

出発の朝、妹に「心配しないでいいように、がんばる!」というセリフは、出発間際の自分の心境に近くて、ちょっと泣けた。 

  • あと、オーストラリアへの出国便は午後7時過ぎに成田空港発なので、そんなに早起きしなくてだいじょぶですよー、群馬からでも。