世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

南極観測60年の写真展・東京国際フォーラム

 3月3日から16日まで、東京・有楽町の東京国際フォーラムで、南極観測の写真展が開催されています。朝10時から夜7時まで、入場無料です。

ちょうど神田で呑み会がありましたもので、初日に出かけてきました。 

prw.kyodonews.jp

 

展示場所は地下一階。地上から降りていくエスカレーターに乗ると全容を眺めることができます。

f:id:nankyoku_30nin:20180304074436j:plain

 

南極の写真をガラス棟の吹き抜けの下で眺める。なんとなくミスマッチですが、悪くない。

f:id:nankyoku_30nin:20180304074458j:plain

 

最新の機材で撮影された写真も見事でしたが、昭和基地開設当初の姿を記録した貴重な写真が楽しかったです。初代観測船「宗谷」での輸送作業など、これはちょっとできないなあ。また、当然ながらデジカメでなくフィルムでの撮影・現像ですから、撮るがわの苦労も忍ばれます。

 

第二代南極観測船「ふじ」とペンギンのモノクロ写真を熱心に見ている女の子がいました。

f:id:nankyoku_30nin:20180304074525j:plain

まあ、ペンギンは白黒でもカラーでも、あまりかわらないか。