世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

1泊2日で、冬至の札幌に行ってきました

12月22,23日と札幌に行ってきました。北海道大学で共同研究している先生と打合せです。 

f:id:nankyoku_30nin:20181223220743j:plain

北海道大といえばクラーク博士の銅像。意外とちっちゃいです。

当日朝に東京を出て、午後3時半から研究室で、もうすぐ投稿予定(のはず)の論文原稿について意見を伺ったり、昭和基地の観測データ処理について留学生とお話したり。

留学生のかたは日本語はまだよくわからないとのことで、英語での説明になって、冷や汗をかきました。

2時間半ほど議論して、アタマが疲労困憊になって、研究室を失礼するころには夜になっていました。

f:id:nankyoku_30nin:20181223220823j:plain

雪あかりの大学構内もきれいですが、雪道は慣れないとあぶない。登山靴を履いていって正解でした。

三連休のさなかでもあり、外国人のお客さんもたくさん見かけました。市内中心部のお手頃な宿は満室のところが多く、ちょっとはなれたビジネスホテルに向かいます。

途中、味噌ラーメンで夕食。

f:id:nankyoku_30nin:20181223222230j:plain

からだを温めてチェックインして、その夜は呑みにも行かず、指摘を受けた点の修正を考えたのでした。

 

12月22日は、南極では夏至で、日の沈まない白夜の最中ですが、 

nankyoku-30nin.hatenablog.com

 

札幌もクリスマス商戦の最盛期。千歳空港ゆきのバスに乗ろうとしたら運転手さんから、市内が大渋滞で、何時に空港に着くかわからないから、今日はやめといたほうがいい、と言われました。自分の運転するバスに乗らないほうがいい、というアドバイスは説得力があり、JR北海道の快速列車で移動しました。