世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

隊員正式決定とブログのタイトル

23日後には南極へ向けて出発するのですが、9日に開かれた南極地域観測統合推進本部総会で、ようやく第57次南極地域観測隊員として決定されました。ひとつの節目を迎えた気がします。

このブログのタイトル「世間がもし30人の基地だったら」は57次の越冬隊員が30人であることにちなんだものです。

加えて、57次夏隊が32人、夏隊同行者が18人。そして178人の「しらせ」乗組員が、物資とわたしたちを昭和基地に運んでくれます。さらに56次の越冬隊員26人が迎えを待っているので、世間が30人の基地になるのはだいぶ先のことです。それでも、30人の世間で南極の冬を過ごすために、さまざまな準備を進めてきました。12月2日の出発後もしばらくは、"看板にいつわりあり"ですが、おつきあいくださいませ。