世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。

極地研究所GWイベント「越冬隊員と話そう!」【代理人投稿】

5月になりました。第57次日本南極地域観測隊が日本を出発して半年がたちました。

この半年間は長かった?短かった?と問われたら、迷わず「決して短くはなかった」と答えるでしょう。

 

さて、ご本人がGWイベント「越冬隊員と話そう!」に出演します。

日時は5月5日こどもの日、15時~15時30分

場所は国立極地研究所立川市

 北極・南極科学館 オーロラシアター横

 入場無料。事前の申し込みもいりません。

国立極地研究所 南極・北極科学館│イベント情報

 

代理人は行く予定。動いて話すご本人をみるのは半年ぶりです。おり姫とひこ星みた~い!といえば聞こえがいいですが、違います。単なる、僻地・閉鎖空間・通信手段に制限ありというだけです。

でも、元気な姿をみることができるのはうれしいものです。久々すぎて緊張しちゃうかも!?

 

樋口越冬隊長の記事を読みました。

kyokuchi.or.jp

 

最大のミッションは「全員が無事に家族のもとにかえること」・今後何が起こるかはわからない、この言葉が南極の過酷な環境を物語っている、と感じました。

 

今週のお題ゴールデンウィーク2016」