世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

ブリの除雪は…

昭和基地の「設営事務室」のドアにある貼り紙です。

f:id:nankyoku_30nin:20160709021407j:plain

越冬が始まったころには、ずいぶんとおおげさな文言だと思いましたが、今では身にしみるお言葉です。

7月4日から5日にかけてのブリザードがもたらした雪の始末がまだ残っています。薄暗いうちから重機が動き始めました。

f:id:nankyoku_30nin:20160707213850j:plain

手掘り班は、100キロリットルの水タンクを掘り出しています。南極の雪は日本の雪よりも軽いのですが、それでも3日連続の手掘りは、さすがにしんどい。

f:id:nankyoku_30nin:20160708224058j:plain

次のブリザードは11日の月曜日にやってくる、との予報です。文句を言っても嘆いても事態はかわらない。ブリが明けたら、また同じように除雪するだけ、です。