世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

壮行会の季節

第60次日本南極地域観測隊本体の出発は11月25日です。10月の下旬から、いろいろな壮行会のご案内がやってきます。極地研究所の研究部門、南極OB会、(前に勤めていた)気象庁南極OB会、(前に住んでいた)南極OB会茨城支部、などなど。都合がつかなくて失礼することが多いのですが、今年は、私の参加した、12年前の48次隊と3年前の57次隊メンバーによる壮行会両方に参加できました。

 

f:id:nankyoku_30nin:20181103161903j:plain

ストロボをつけ忘れた集合写真は個人が特定できないので、載せてもいいでしょう。

これから南極に向かう方はいい笑顔してます。

 

以前に参加した隊の会は、再度、再々度南極に行く人を送り出すとともに、仲間が集まる機会でもあります。仕事を強引に切り上げて、駆けつけたときには開演から1時間半が過ぎていた、なんてこともありましたが、それでも久しぶりに元気な顔を見て、杯を交わせるのは楽しいものです。ただ、南極関係の呑み会は、いつのまにか大声で話してしまうので、翌日は二日酔いもさることながら、声が枯れますなあ。

 

一番大規模な、公的な壮行会は、「南極地域観測統合推進本部総会」の後に明治記念館で、しらせ乗組員と合同で行われます。 nankyoku-30nin.hatenablog.com

 

今年は11月8日に行われるはず。

平成30年11月8日 第153回南極地域観測統合推進本部総会の開催について:文部科学省

この「本部総会」では、次の次、来年出発する第61次隊の隊長・副隊長候補が発表されるのです。