世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

越冬隊と映画「エヴェレスト 神々の山嶺」(代理人投稿)

友人の訃報から1週間、代理人はぼんやりと過ごすことが多かったように思います。

nankyoku-30nin.hatenablog.com

覚悟はしていたけれど、いざ現実となると感情がざわめきますね。

同世代を見送るのはつらい。。。

この場を借りて、旅立った彼へ。

「ありがとう。あなたの生き方をずっと、ずっと、ずっと忘れない」

 

この1週間、ご本人の越冬中に代理人が死んだら。。。と考えていました。

別にどこも悪くないのだけど、友人の死を経験して、自分が死んだらどうなるのかシュミレーションしてみました。

まぁ、現時点だと混乱の極みでしょうね。

そろそろ手つかずにいるあのことに取り組まなければ、そんな気になってきました。

nankyoku-30nin.hatenablog.com

 

さて、今回も前置きが長くなってしまった。。。

ご本人が越冬中ということで、宇宙や火星やエヴェレストなど遠い遠い場所が気になる代理人です。

気になるだけで、代理人が行きたいわけではありません。代理人は夏は涼しく冬は暖かい部屋で、ビールをぐびぐびっと飲む瞬間に幸せを感じています。まぁ、そんなことより行けないのですが。

 

映画「エヴェレスト 神々の山嶺」を観てきました。

孤高のクライマー・羽生(阿部寛)をカメラマン・深町(岡田准一)が追いかけるというお話です。エヴェレストという雄大かつ過酷な自然と、お二人の演技が圧巻でした。お二人は役柄そのものになっていました。是非、劇場の大スクリーンで観ていただきたい映画です。

 

南極観測隊は国家事業で、チームで動き安全第一ですから、この映画のように命を懸けて山頂を目指すことはありません。でも、そういえば越冬隊長が「最大のミッションは全員無事に帰国すること」とおしゃっていました。『生きて、必ず帰る』これはこの映画と相通ずるものがあるかもしれません。

 

生き方を問われる映画でした。