世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

ケルンと旭日旗

基地の主要部から1キロメートルくらい東にはなれたところに、「ふじケルン」があります。二代目の観測船「ふじ」の代に作られたものなのでしょう。ケルンの右に「しらせ」、その向こうは南極大陸です。

f:id:nankyoku_30nin:20170121120238j:plain

昭和基地に「しらせ」が接岸すると、ここに自衛艦旗が掲げられます。

そして、2月に支援が終わって「しらせ」に自衛官が帰る時、総員名簿をケルンに納めて、旗をおろすことになっています。

f:id:nankyoku_30nin:20170121120311j:plain

昭和基地で鍵のかかっているところは珍しい。旗を上げる前に掃除をして、扉はぴかぴかに磨き上げられています。このあたりも観測隊とは文化の違いを感じますね。

 

「しらせ」はこのあと南下して、昭和基地からは見えなくなりました。海洋観測をしているとのことで、作業支援の自衛官はヘリコプターで交代します。

f:id:nankyoku_30nin:20170121120346j:plain