世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

父島に行ってきました2018 その3 野菜

父島は温暖な地ではありますが、ほとんど耕地がありません。野菜類も「おがさわら丸」で東京から運ばれてきます。シカクマメ、島レモンなど地場で採れるものもありますが、ほとんどの野菜は「おがさわら丸」に積まれるコンテナで運ばれてきます。

f:id:nankyoku_30nin:20181001234636j:plain

白菜は1/4個で218円。

 

宿の晩ごはんです。魚のフライに付いているキャベツの千切り、なんだかもったいない気がします。

 

f:id:nankyoku_30nin:20181001234713j:plain

その他の野菜はお漬物ともやしと、たぶん冷凍のいんげん。キャベツの横にあるのが島レモン。

野菜類はほとんどが乾物・冷凍ものになる、越冬中の昭和基地に似てますね。

 

nankyoku-30nin.hatenablog.com

 

 

島レモンは、いくつかお土産に買って帰りました。これでジントニックを作ると、美味ですよ。

 

f:id:nankyoku_30nin:20181008072902j:plain

父島に行ってきました2018 その2 夕陽

父島に滞在中は、時折にわか雨があったほかはいいお天気で、毎日、海岸に夕陽を見に行っていました。
父島は、夕日が沈む間際に一瞬だけ緑色に輝く「グリーンフラッシュ」を見やすいところだそうです。昭和基地で見た緑の光 を再見できるかも、

nankyoku-30nin.hatenablog.com

 と期待したのですが、残念ながらお目にかかることはできませんでした。

これは2日目、宿から自転車で15分くらいの海岸で見た夕陽です。

f:id:nankyoku_30nin:20181001234350j:plain

とてもきれいなものでしたけど、緑色にはならなかったなあ。

 

夕陽のきれいなところには、ギャラリーが集まってきます。立派なカメラを構える人も、ただ眺める人も。

f:id:nankyoku_30nin:20181001234422j:plain

 

毎日どこでも陽は沈む。どこにいても、夕日を見るのはそんなに難しいものではないはずなのに、落陽の瞬間を眺めたのは、久しぶりでした。

夕陽を見る余裕は、持ちたいものですね。

父島に行ってきました2018 その1

先日、昭和基地での大気電場観測の訓練講師をしてきましたが、 

nankyoku-30nin.hatenablog.com

 

東京から南に1000キロメートルあまり離れた父島でも、昭和基地と同じ装置を使った大気電気の観測が行われています。

f:id:nankyoku_30nin:20181001234040j:plain

↑ これが父島の観測装置。

 

↓ こちらは昭和基地。雪と氷の中で、頑張ってくれています。

f:id:nankyoku_30nin:20180920065854j:plain

 

世界中の大気電場の観測データを一つのデータベースにまとめるプロジェクトが始まっていて、父島観測点のデータを参加させるべく準備を進めているところです。観測装置とデータ伝送システムのお世話をするために、昨年に引き続き、父島に出張してきました。

nankyoku-30nin.hatenablog.com

 

小笠原に飛行場はありません。父島へ一般の交通手段は「おがさわら丸」という船だけです。東京・竹芝を出発してから父島に到着するまで24時間。出張期間は6日間ですが、船の中で往復1泊ずつ、島に3泊の日程になります。


データを記録するパソコンはトタン屋根の小屋の中においてあります。

f:id:nankyoku_30nin:20181001234056j:plain

滞在中は南国の強い日差しに照らされて、昼間は暑くてここでは長時間いるのは無理。朝5時過ぎに起きて、涼しいうちに作業していました。

JARE60 大気電場観測訓練

秋になると観測隊の出発準備が加速していきます。そんな中、今年出発する60次隊員に観測訓練の講師をしてきました。

自分たち57次隊が出発する前の訓練は、北海道で、野外での訓練でしたが、今回は極地研究所。

nankyoku-30nin.hatenablog.com

帰国後一年あまりが過ぎましたが、極地でのこの機械の扱いに慣れているひと、ということで今年も依頼があり、職場には半日お休みを頂いて行ってきました。

 蒸し暑くてにわか雨もあるかも、というお天気だったので、室内で観測機器を接続してテストしました。

f:id:nankyoku_30nin:20180912013654j:plain

 

 現地ではこんな感じで設置されています。

f:id:nankyoku_30nin:20180920065845j:plain

 

霧が出て、霜がぎっちりと付いたこともありました。

f:id:nankyoku_30nin:20180920065854j:plain

  お金がたくさんかかっている観測項目ではありませんが、私が今、書いている論文の重要なデータをとってくれる機械です。来年も頑張ってほしいものです。

 

--以下はちょっと理系な話--

私たちが住む地上の付近では、1メートルあたり100ボルトくらいの電圧がかかっています。人体は大地に電気的に接触しているので、これくらいの電圧では感電することはありません。落雷の電圧は100万ボルト以上になるので、これに打たれるとたいへんなことになりますが。

この機械で、大気の電圧の変化を精密に測ると、

  • 地球と上層大気の電気的なやりとり
  • グローバルな雷活動の状況
  • どんな雲がどんな電気的特徴をもつか
  • 吹雪の電気的な構造

などを調べることができるのです。

 

「南極すごろく」

昨年秋に、 「南極の歴史」講話会に参加したときに見かけた「南極すごろく」。

その後も気になっていたのですが、ようやく入手することができました。 

 f:id:nankyoku_30nin:20180903053820j:plain

  「南極の歴史」講話会で見かけたときは、

>「健康診断でアウト、振り出しに戻る」なんてコマは、なさそうですね。

 って書いたのですが・・・。

nankyoku-30nin.hatenablog.com

ありました!

f:id:nankyoku_30nin:20180903055208j:plain

”再検査 身体検査でいじょうがあったのでもう一度検査”

うーん。観測隊員OBが考えるネタは、おんなじですなあ。

 

そして、観測隊員OBの私の想像を超えたコマが、

f:id:nankyoku_30nin:20180903055327j:plain

サイコロ1がでたら、”もう1年越冬”

これは怖い。30人越冬隊員がいたら5人くらい帰れないのかぁ。

で、さらに1年後にサイコロ1がでたら、、、