世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

南極大陸に上陸しました

26日は、南極大陸の「とっつき岬」に上陸しました。

57次隊では、これまでに2回、とっつき岬へのルート工作をしていて、大陸目前にまで到達していました。しかし、海氷から大陸に上がるところに氷のひび割れ(クラック)がたくさんあって、上陸できていませんでした。

今回は4人のグループでスノーモービルで出発。すでに作られたルートを16キロほど走ると、大陸の前のルート終点につきます。

f:id:nankyoku_30nin:20160327162059j:plain

 

そこから先は、人があるいて先に進みます。

f:id:nankyoku_30nin:20160327162355j:plain

ゾンデ棒という2メートルあまりの金属棒を海氷に突き刺して、安全を確認します。

この氷の割れ目。ひとまたぎで越えられそうに見えますが、ゾンデ棒を刺してみると、するっと奥まで入ってしまいました。

f:id:nankyoku_30nin:20160327162432j:plain

この割れ目の前後は、氷ではなく水面の上に雪が積もっていて、うっかり踏んづけると落っこちます。水温は0℃以下なので、落ちたらたぶん助かりません。

f:id:nankyoku_30nin:20160327162701j:plain

慎重に慎重に、行く手の安全を確かめながら進みます。

 

最後の数百メートルに1時間くらいかけて、ようやく大陸に立つことができました。

この写真は大陸から海を眺めたところ。海岸線の岩が見えます。氷の上はずっと平らですが、上陸すると足元に傾きがあるのが実感できます。

f:id:nankyoku_30nin:20160327163030j:plain

わたしは今年1月にヘリコプターで大陸に降り立っていますが、やはり上陸すると、ちょっと気分が違いますね。

 

nankyoku-30nin.hatenablog.com