世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

気球を飛ばそう!

28日の午後、ラジオゾンデをつけた気球を飛ばしてきました。

ラジオゾンデは、上空の気圧、気温、湿度などを測定して、地上に送ってくる気象観測器です。こうしたおおきな風船に取り付けて、一日2回、飛ばします。

f:id:nankyoku_30nin:20160528234943j:plain

風船の中にはヘリウムガスを入れます。ガスが漏れないように、根元をタコ糸で結んでいます。気球が上昇するとまわりの気圧が低くなって、どんどん膨張して、最後に破裂します。

この気球は高さ29.2kmまで上がったそうです。

f:id:nankyoku_30nin:20160528235010j:plain

米国大気海洋庁によるとラジオゾンデなどの気球を定期的に飛ばしている観測点は数百点あるようです。毎日2回、日本時間だと午前8時半と午後8時半ごろに、世界中からほぼ同時に数百個の風船が上がっています。その一つを飛ばすことができました。