世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。帰ってからも南極に関わることがときどきあるので、更新を続けています。

南極大陸の旅・ブリザードと停滞

今回の旅は、天候に恵まれませんでした。のべ6日間、移動できない「停滞」を強いられました。

リザードの吹き荒れるさなかには、外に出るにはかなりの決心を要します。

いちばん厳しいふぶきに見舞われた日の写真です。数十メートル、屋外を移動するだけでこんなに真っ白になってしまいました。

f:id:nankyoku_30nin:20161028055326j:plain

 

夜のミーティングのときには食事をする雪上車に集まることになっていますが、一度はそれも危険、ということで、前夜にお弁当作ってもらったお弁当とパンなどでしのぎました。下の写真、パソコンの右に写っているのがお弁当のランチジャーですね。

f:id:nankyoku_30nin:20161028055239j:plain

 

さて、閉じ込められてなにをしましょうか。

パソコンで仕事をするほかに、腕立て伏せや腹筋の筋トレをするひと、

f:id:nankyoku_30nin:20161028055351j:plain

 

けん玉もやってみました。

f:id:nankyoku_30nin:20161028055602j:plain

 

あと、読書ですね。3冊読了しましたが、以前から気になっていたこの本を読み終えられたのはよかった。

大君の通貨―幕末「円ドル」戦争

大君の通貨―幕末「円ドル」戦争

 

 

雪上車のなかは、たたみ9畳くらいの広さがありますが、運転席やエンジンルーム、荷物棚などがあって、動けるスペースは狭いものです。それでも、私自身は停滞は辛くはなかったです。こんなに時間を贅沢に使ってぼーっとすることも無いですからね。