読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。

コウテイペンギンの群れ (代理人更新)

 ご本人がしらせに移って1週間。論文を読んだり、報告書を書いたり、それなりに忙しくしているようです。

一方東京は梅の花が咲き、日差しが少し強くなりました。寒いですが水面下で春の準備が進んでいるという感じです。

あと40日くらいで第57次越冬隊と第58次夏隊が帰国します。

1年以上離れていたため、ご本人が帰ってくるというイメージがわかない代理人であります。

 

さくとくん、質問ありがとう。ご本人に届けます。お返事はもうちょっと待っていてね。

 

・・・・・・・・・・・・

 

「しらせ」は昭和基地の周辺を航行しながら海の水を採ったり、地形を調査したりしています。今年は海氷が薄いので、南極の未踏の海域を観測するチャンスなのだそうです。

氷が割れている、ということはペンギンたちが泳ぐスペースがある、ということです。先日の「「しらせ」への引っ越しとブログの今後」の記事につけた写真は、しらせに移動した24日に船上から見たコウテイペンギンです。

7日の午前にも「右10度、2000メートル、コウテイペンギンの群れ」という艦内放送がかかりました。

慌てて右側の甲板に出てみたら、ちょうど群れの横を「しらせ」がすぎてゆくところでした。

f:id:nankyoku_30nin:20170208053230j:plain

彼らも逃げるつもりで腹ばいになっていて、かっこよく立っているのは少しだけです。腹ばいで滑っていくほうが速く移動できますからね。

 

10月に昭和基地にも一羽、来てくれましたが、今回は団体さんです。

nankyoku-30nin.hatenablog.com

 

海氷に積もった雪に、足跡がたくさんのこっていました。