読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。

南極ブログと宇宙ブログ

帰国後10日あまり、花をめでるより花粉に苦しめられております。「しらせ」がシドニーについた直後から抗アレルギー薬を飲んでいたのですが…。 さて、4月1日付の朝日新聞土曜版、"be on Saturday"に宇宙飛行士・大西卓也さんのインタビューが載っていまし…

白瀬矗について考える

シドニーでの2日目、3月21日に尋ねたParsley bay beachです。 海辺にトレッキングルートが整備されていて、湾の奥にはこどもむけの遊具があります。ここが、白瀬矗の一行がキャンプしていたところです。木々の樹齢が百年を超えていれば、彼らがキャンプして…

極地での活動を終えて考える (代理人更新)

本日の記事、ご本人はさらっと書いておりますが、代理人的には「閉鎖空間の極意がここに!」なんてタイトルをつけちゃいたくなります。 2月にしらせが南極を離れたら、次のしらせがお迎えに来るクリスマスの頃(順調にいけば)まで補給がありません。第57次越…

オーロラの楽しみ方を考える

10月2日の夜から吹雪になっています。そんな中ですが、4日の夜、いちばん光に敏感なオーロラ観測装置のスケジュールが終わりになりました。昭和基地では、もう真っ暗にはならない、ということです。 今年はお天気が悪くて、観測できる夜も少なかったのです…

季節感について考える

「はてなブログ フォトコンテスト 2016夏」の"ピックアップ10作品"に選んでいただきました。 "Tシャツ当選3作品"にはなりませんでしたが、わたしの場合、Tシャツを頂戴しても郵送してもらうわけにはいかないので、栄誉をいただければ十分うれしいです。 blo…

ブリザードの夜に考える

22日の朝から風雪が強く、午前中には外出注意令、夜には外出禁止令が出ました。たぶん、57次隊がこれまで経験したなかでは、最大・最強・最長のブリザードになっています。 風が秒速30メートル(=時速108キロ)にまで強くなりました。建物からみしみしと音…

隊次について考える

8年あまり前、私が48次越冬隊員として昭和基地にきているとき、49次隊の同行者だったオーストラリアの砕氷船「オーロラ・オーストラリス」のスタッフとバーで飲みながら「日本の南極観測隊ってどう思う?」ときいてみました。 「同じ隊の中はとてもフレンド…

昭和基地の夏を考える

12月23日に昭和基地に入ってから4週間あまりが過ぎました。1月20日は休日日課でした。元日、1月8日につづく3回めのおやすみです。わたしは観測機器の設定やコンテナからの荷出しなど、すこし仕事をしていましたが、追い立てられる感がすくなく、いくぶんリ…