世間がもし30人の基地だったら

日本南極地域観測隊に参加して、2015年12月に日本を出発しました。昭和基地で南極の冬を過ごして、2017年2月1日に次の隊と交代。3月23日に帰国しました。

あざらしくん

南極大陸の上陸口、とっつき岬の近くまで来たら、氷の上に黒い点々が見えました。

あんなところに岩が出ていたかなあ、と思って近づいてみると、

f:id:nankyoku_30nin:20160328035013j:plain

ウェッデルアザラシの群れでした。写っていないのもあわせて、12頭いました。こんな大きな集団は珍しいです。

f:id:nankyoku_30nin:20160328034949j:plain

大きさは2メートルくらいです。マイナス10℃の寒さのなか、氷の上でごろごろしています。

 

f:id:nankyoku_30nin:20160328035351j:plain

アザラシは海のなかを泳ぎまわってエサをたべます。彼らが氷の上にいる、ということは、近くに出入り口=氷の割れ目(クラック)か穴があるということです。アザラシを見つけたら、あんまり喜びすぎないで、足元注意です。